井川ゴリ山(井川町)







桜の名所として知られる日本国花苑には数々の彫刻作品が配置されている。

正面入口から奥へ進んでいくと右の遊具がある辺りに一際大きな彫刻が目に入る。



  

その正体はゴリラであり、作品名は「井川ゴリ山」という。公園の外側を向くような配置になっている。



  

リアルで地面から頭と手が生えているような姿は異様に思えるがどこか温かみを感じさせる力作である。



  

ついでにもう一つ。ゴリ山の近くにある「サイは投げられた」という作品。サイコロの角一点だけが接地してあり、

今にも倒れてきそうな感覚に陥る。上に乗っているのはテントウムシ。



戻る