三種町(旧山本町)の森岳温泉にあった入浴施設で、建物の老朽化などを理由に2004年から休業しているが、

それを感じさせないほどに各地に看板が残されている。 看板の種類は色々あり、特に熊が描かれたものが多い。

なお、以下の写真は2006年に入ってから撮影したものであり、一部のものは既に撤去されている。




温泉郷入り口にある看板。他の名の知れた施設よりもヘルスセンターが目立っている。

これなら営業中だと思ってもおかしくはないだろう。



     

温泉郷周辺で見られた看板。年中無休のあとの字がテープで隠されている。





国道7号沿いにある大きな看板。ゴルフ場は営業している。36とはホール数のこと。







主に男鹿南秋や能代山本の各地に残された看板。クマの下に「MORITAKE RESORT」と小さな字で書いてある。

上のように色あせて真ん中が空白になったものが殆どで、何の看板か分からなかった人もいるのではないだろうか。

下はまだ色が濃く、かすかにではあるが「森岳温泉ヘルスセンター」の字が読み取れる数少ないものである。





縦長看板も存在する。軒下のためか、上の方に色が残っている。





男鹿市若美で見つけた看板。これもクマの絵がついている。





肝心のヘルスセンターは、ホテルや商店が集結した温泉街から少し離れた高台にあった。

正面入り口は材木で塞がれている。右の屋根が壊れているが、これは雪が積もる以前からだった。





2007〜2008年のうちに建物は跡形なく撤去された。奥にある建物も使われていない様子だ。



戻る