旧標識1

特に「白看(板)」と呼ばれる旧式の案内標識を中心に集めています。老朽化が進んでいるものが多く、

その数は当然ながら減少しています。ここに載っているものでも、既に失われているものもあるかも知れません。




2010/3/28更新



岩手県奥州市の石渕ダム事務所への入口に立つ。ボロボロの状態で何とか残っているが

2013年に胆沢ダムが完成すればこの一帯は石渕ダムとともに水没するので、もうじき失われるのは確実といえる。







秋田市太平皿見内の県道28号旧道にある。大文字のローマ字表記や黒ずんだ表面が古さを感じさせる。






2010/1/30更新



北秋田市鷹巣の市役所付近の交差点。北側向きに設置されている。行き先だけは貼り替えられている。

方向が矢印ではなく鉛筆型になっているタイプは秋田県内ではやっと二つ目を発見した。






2009/6/26更新





町田様ご提供。栃木県佐野市金屋下町、佐野小学校の北側。珍しく上が空白になっている。






2008/12/27更新





横手市金沢本町の郵便局前。後三年駅の方向を示す。その名の通り歴史上有名な「後三年の役」が起こった場所である。

後三年に関しては地名コーナーにも載せている。









能代市常盤の苅橋。県道206号の旧道に県道64号側から入って少し行くとT字路がある。

看板はその右側にまるで忘れ去られたかのように残っている。富根駅3.5kmの標示。

錆が酷く右側は松葉や別の標識の棒で隠れている。距離の上に矢印が重なるように貼り付けられたように見える。






2008/7/28更新





羽後町田代の麓地区の旧道に残る。欠けてしまっているのが惜しい。西馬音内方面は右矢印になる。









鹿角市十和田末広。国道103号の末広バイパス旧道部にある。









岩手県北上市と奥州市との境になっている下峠。かつての水沢市(現奥州市)側には旧式の看板が立っている。

小さな峠越の道路だが、このような場所で見つかるとは思ってもいなかった。






大館市





大館駅近くの交差点にある看板。市街地の目立つ場所に残るのは秋田では珍しい。

小坂の距離および矢印には消したような跡がある。




別の方向にも古びた青看板がある。上から「大館駅」「釈迦内」「103号交差点」。





  

旧田代町(現大館市)の国道7号の旧道にある。かなり低くただの立て札かと思い

一度は通り過ぎてしまった。田代町の看板は見つかっていない。









大館市の大滝温泉街の東側に立つ、古いタイプの青看板。バイパスの方が線が細くなっている。

どちらも市道で、米代川を挟んだ対岸には国道103号大館バイパスが整備されている。





北秋田市





旧鷹巣町の国道7号 綴子橋袂の信号から北側に入るとすぐ交差点があり、そこに茶色くなった白看板があった。

現在は撤去済み。旧道なので、大館・能代どちら側に曲がっても結局は現国道に行き着く。





仙北市





仙北市角館横町の十字路に立つ看板。

観光地である武家屋敷の近くだが、きれいなものに変えられることなく残っている。





能代市





能代市の二ツ井高校付近の三叉路から県道317号を外れ、

藤里方向へ伸びる市道に入ると看板が立っている。老朽化が目立ち、黒っぽくなっている。





湯沢市





秋の宮温泉郷を通る国道108号沿いに立つ。看板だけでなく道路自体も未改良で幅が狭い。

なお、この稲住温泉は文人・武者小路実篤が滞在したことでも知られる。







秋の宮温泉郷にはもう一つ白看板があり、それは鷹の湯温泉入口に立つ。 こちらも状態が悪い。





藤里町





藤里町の中心部から素波里ダム方向へと曲がっていくところに立っていたが現在は撤去されている。

この矢印のデザインはきれいなものでも見かけることがある。

2005年までこの近くには大きな白看板もあったような記憶があるが、はっきりと覚えていない。




裏側。新しいものとは作りが違う。





潟上市



かつて潟上市の天王ゴルフセンター前の市道に「秋田15km」と書かれた白看板が存在していた。

2005年3月に天王町が合併して潟上市になった頃から見かけなくなったと記憶している。

まだ旧標識に興味を持つ前で、写真を撮っていなかったのが残念だ。





青森県十和田市



十和田湖畔の国道103号の青森県境にある。県境にしては珍しく両県側に観光施設が立ち並び、

小さな川(神田川)を挟んでいるだけなので、県境という雰囲気ではない。また、意外にも青森側に

旧式の県名看板が立っているだけで、秋田側には県名どころか小坂町の看板すらない。


   

ここは2004.12.31まで十和田湖町だったので、その頃までは町名看板も古いものが使われていたのだろうか。





岩手県雫石町





仙岩峠の旧道にある県名看板。立派な開通記念碑の横に立つ。秋田県側の看板は存在しない。



戻る