大潟富士(大潟村)





  



県道298号の御幸橋の傍の小さな山。人工物で地上からは3.776mあるが、標高(海抜)は0mで日本一低い山を名乗る。

大潟村は干拓により地面が海より低くなっているのでこのような芸当が可能である。

なお一般的に日本一低い山は大阪市の天保山(4.53m)とされる。

また秋田県内には潟上市天王の桃ノ木台(10m)、象潟の物見山(14m)、秋田市の富士山(35m)などの低山がある。





登頂記念スタンプも用意されている。





山を見ての通り、一分以内と言うか数秒で登れる。頂上はちょっとした展望台になっている。

ずっと向こうまで田んぼが広がるが、広大な農地を持つ大潟村においては一部に過ぎない。





県道の御幸橋。中央幹線排水路とソーラースポーツラインを渡る。



戻る