田沢スーパー林道(秋田市側)



秋田市河辺と仙北市とを結ぶ長大林道だが、そのうち太平山地を越える区間は崩落などにより荒廃が進み

通行止めとなっている。黒崎森隧道はその不通区間にあり、向かうのは容易ではない。

2005年初夏の頃に隧道に行った時はあまり林道の写真を撮らなかったので、2005年11月末になってから

秋田市側の荒廃区間(朝日又橋〜)の写真を撮りに出かけた。この林道は比較的交通量があるが、

晩秋のせいか、この日は入ってから出てくるまで全く車や人とは出会わなかった。





  


河辺鵜養の林道入口から9kmで朝日又橋に着く。ここまではひどく荒れた部分はない。

橋の袂には通行止めの看板が並び、これを境に道の険しさが増していく。







朝日又橋から1.3km。唐松沢付近。バリケード状の赤いコーンが道の端に寄せられている。

正面が崩落しているが、ここは通り抜け可能。




  


唐松沢から2.4km。番鳥沢(ばんどりさわ)付近。大きな落石が堂々と転がっている。路面も草に侵食されて狭い。

以前来た時は倒木で車幅ぎりぎりのところもあったが、撤去されていた。







以前、大崩落が起こっていた番鳥沢付近の崖。一番上の看板に「大規模な土砂崩れ」とあるが、

この時はそのような場所はなかった。







番鳥沢から1.4km。河辺側最後の橋である大又川橋。向こうに市境の黒崎森が見える。



次のページへ

戻る