田沢スーパー林道(秋田市側)







大又川橋の奥も当然のように悪路が続く。







大又川橋から700m。落石のせいでかなり狭い。前方に崩落した崖が見える。

車両通行可能なところではこの辺りが最も荒廃している。




   


崖の下は落石が散乱しているが、路面上にあったものは路肩に寄せられた様子だ。

広くなった路肩の下は、大又川まで崖が続いている。







崩落を重ねた崖。今にも次の石が落ちてきそうだ。ここも大規模な崩壊が起こってもおかしくはないだろう。







落石地点から700m。路面が大きく崩れ、遂に四輪車は限界を迎える。初夏に来た時は

ここに車を停めて隧道を見に行った。手前は少し広くなっており、車を回すスペースはある。

ここまで鵜養の入口から16km、45分ほどもかかった。







徒歩で踏み跡を渡り、振り返って撮影。もう復旧される日は来ないだろうか。

このまま手付かずだと、四輪車の限界はますます手前になっていく。







付近の山(丹波森)を見渡すと雪が積もっていた。この林道にも氷雨が降っていた。







崩壊地から先はもはや林道ではなく、約600m先の隧道までこの状態が続く。







溝が2本ついているが、片方は深く抉れている。水によるものだろうか。







少し進むと上に黒崎森の稜線が見える。その向こうは仙北市西木である。

今回は隧道までは行かず、ここで引き返すことにした。



前のページへ

戻る