美女沢/びじょさわ(仙北市)
地図







美女沢は旧田沢湖町の玉川に注ぐ沢で、玉川ダムの宝仙湖よりも上流側にある。

田沢湖には美女伝説が残っているが、この沢との関わりはないであろう。まずダム側から国道341号を走り、

プレイパーク戸瀬の傍にある冬季閉鎖ゲートから200mほど行ったところを右折する。







間もなく玉川を女神橋で渡る。この橋名は美女沢との関連というよりは宝仙湖畔の女神山(853m)に因んだ命名だろう。

男神山(858.6m)が女神山と対になっており、宝仙湖には男神橋が架かっている。

女神橋から上流方向を見ると右の方から沢が合流しているが、これが美女沢である。







渡ると左に美女沢へ向かう林道の入口がある。地図では実線で描かれているが、実際は廃道である。







林道は間もなく荒廃し、車では進めない。ここから美女沢は遠くないので歩きでよい。

林道沿いの電柱は「中和処理線」と書かれていたので、玉川温泉の方へ向かっているようだ。







汚い写真で分かりにくいが、奥まで進むと車道だったとは思えないほど

大きな石がゴロゴロした道になる。ここは平地で落石が起こるような崖もない。







入口から500mほどで美女沢に出会う。道は沢によって寸断されているが、

対岸にも踏み跡が続いている。写真の右側が上流側に当たる。




  


沢は笹薮の間を流れている。幅は狭く、深くもない。

玉川の合流点までは数百メートルあり見えない。上流側もそう長くはないようだ。



戻る