椈森/ぶなもり(仙北市他)






強酸性で全国的に有名な、玉川温泉の向かいにそびえる最北の椈森(971m)。温泉地の標高も高いので、

山は高く見えない。写真は玉川温泉大橋から撮ったもので、この橋からは阿仁側の椈森も見渡せる。

地図




  


玉川椈森直下を通る国道341号。多くのスノーシェルターやスノーシェッドが連続する山岳道路で

冬季は閉鎖される。ただし玉川温泉は冬季も営業しており、その送迎車両は通行している。

写真は「椈森スノーシェルター」。







温泉地の上の国道から撮影。奥の高い山が椈森。下の道路には蛇のようなスノーシェルターが並んでいる。

雪景色だが、これは冬季閉鎖が解けて間もない4月下旬に撮影した。









温泉入口の下に椈森沢があり、国道の椈森橋が架かかっている。違う沢に架かる「椈森上橋」もある。椈森沢は小さな沢で

草木に隠れてよく見えなかった。普通の地図に載っている「椈沢」はもっと南にあり、椈森沢とは違う。





おまけ


掬山/ぶんなやま(横手市)
地図





仙北市から離れた横手市に「掬山(ぶんなやま)」(463m)がある。この山は大松川ダム(みたけ湖)の傍で湖畔の県道からも見える。

「掬」は「すくう」と読む字で、「椈」に似ているため混同されたと思われる。







やや古い道路地図で木偏に菊という字で表記されているのもがあった。この字もブナの意味での使用例があるという。



前のページへ

戻る