抱返り/だきがえり(小坂町)




  


十和田湖岸の自然地名で、和井内で国道103号から国道454号に入り、滝ノ沢方向に1kmほど行ったところにある。

地図に載ってはいるが、現地に地名表示はなく、ここで紹介するのもおよその場所である。

ちょうどこの周辺は地形が険しく、抱返りという地名もこの険しさからついたものと思われるが、

情報がなく確証もない。仙北市の抱返り渓谷の由来の一つに「崖沿いの道が狭く、抱き合うようにすれ違っていた」

というものがあり、十和田湖の抱返りもそれに通じるものがあるかもしれない。







国道の上も険しい崖になっている。整備前はここも細々とした道路だったのかも知れないが

現在ではほとんど見向きもされず、車で難なく通り過ぎてしまう。



戻る