峨瓏峡/がろうきょう(藤里町)
地図



峨瓏峡は高山(たかやま)や高假戸山(たかげどやま)の山麓にある渓谷。

町の中心部から県道317号を4kmほど北上すると滝ノ沢林道入口がある。林道に入って少し行くと隧道があり、

それを抜けると峨瓏峡に沿うように林道が続いていく。“峨瓏”とは「断崖の間を川が流れている所」という意味を

持っているそうで、この峨瓏峡はまさにそのような場所である。



  

   


岩がゴロゴロした険しい崖下を流れる川。林道の上にも岩が突き出しており、落石も多い。







隧道から100mほど行ったところにある白糸二段の滝(奥側)。

この滝は峨瓏峡本流に落ちている別の沢である。ちょうど本流にも滝があるので三段滝に見える。




  


下流にある峨瓏の滝。峨瓏大滝ともいう。上部には二、三段の滝と堰堤が連続しているが、下からは見えない。

峨瓏の滝は県道からも見え、駐車場も整備されているので訪れる人は多い。

時期を問わず手軽に鑑賞できるが、冬は駐車場の雪が寄せられていないので近づきにくい。







大雨が降った後に行ったら凄まじい水量だった。荒れ狂う濁流と化した滝は離れて見ても恐怖感を覚える。







江戸地代の紀行家、菅江真澄もここを訪れ、「零(ふ)る雪か 花かあらぬか やま風に さそわれてちる 滝のしら泡」

という歌を残している。石の下に置かれている板の字は「峨大滝」と読め、道路地図でも用いられているものがある。

この板は以前掲げられていた看板だと思うが、現在掲げられている看板は「峨瓏」で統一されている。



冬季訪問

戻る