ハナコスリ・莨畑沢(大仙市)



協和船岡の小黒川付近に見られる。ハナコスリは林道名、莨畑沢は沢名。

行くには廃村になった七袋から小黒川沿いの林道(県道28号の未開通区間)に入ればよい。






七袋から1kmほどでハナコスリ林道の入口が右に現れる。「ハナコスリ」の由来は不明だが、沢名の可能性がある。

なお、仙台市の大東岳には「鼻こすり」と呼ばれる急坂があるらしい。




  


ハナコスリ林道は荒れているというほどでもなく、800m程度で終点の広場に着く。







ハナコスリ林道に入らず真っすぐ800mほど進むとまた右に支線が分岐している。

奥に沢名の立て札が見えたので確認しに入ってみた。









「莨畑沢」とあるが読みは不明。「莨」はタバコとも読むが一般的にタバコは「煙草」と書かれることの方が多い。

地名に使われる字としては珍しく、それがこんな林道の奥で見つかるとは思ってもいなかった。

沢は右側にある様子だったが草に隠れて見えず、林道も草が伸びて辿るのは厳しそうだった。



戻る