鰰橋・ぶりこ橋(男鹿市)




  


国道101号を船川側から走ってきた場合、男鹿市仁井山の信号を左折すると

北浦の男鹿温泉郷近くまで至る「なまはげライン」に入ることができる。この途中に鰰橋(はたはたばし)があり

仏供田(ぶつぐでん)川に架かっている。位置的には北浦北浦に当たる。

鰰(ハタハタ)は秋田を代表する魚で、それに因んで名づけられたのだろう。




  




鰰橋の先には「ぶりこ橋」がある。川は浦ノ沢川。「ぶりこ」とはハタハタの卵のことで、欄干に描かれている。

なまはげラインには、この他にも青鷺橋、なまはげ大橋、青鬼橋、赤鬼橋、秋鮭橋という橋があるが、

いずれも地元に因んだ名称である。



戻る