家ノ前/いえのまえ









秋田市上北手大杉沢字家ノ前。上北手大戸で県道41号から大杉沢へ向かう市道に入り、1.5kmほど行ったところに集落がある。

集落は2つの地区に分かれており、西側(手前)は藤根、東側(奥)が家ノ前に当たる。看板は藤根側に立つ。









秋田市下北手松崎字家ノ前。松崎地区では最も東に当たり、近くに下北手中学校がある。








この一帯には住宅が多く建っている。









秋田市下新城外小友字家ノ前。小友地区の西端を通る県道41号から外れて高速道路を潜り、

直線道路を進むと神社のある丘に突き当たる。この丘の南側(写真右側)が家ノ前に該当する。







丘の上には「家ノ前館」という中世の館跡がある。

おそらくこの奥にある館山の小友館と関連があるのだろうが、詳しくは分かっていない。







現在あるのは菅谷神社。この裏は藪になっている。







丘から家ノ前集落を見下ろす。道路を少し行けば間もなく人家はなくなり、山へ入っていく。













秋田市外旭川字家ノ前。秋田北ICと横山金足線とを結ぶ市道の途中に集落がある。







秋田北ICから市道を1kmほど行くと笹岡バス停がある。

その辺りから東側を見ると山に沿うように家が並んでいる。この一帯が家ノ前に当たる。







集落内は道路が狭い。道なりに進めば元の道路に戻る。









秋田市濁川字家ノ前。旭川沿いにあり、秋田温泉の対岸になる。濁川バス停(看板左下の赤丸)が目印。







宅地北側(看板左側)は整然としているが、南側(看板中央)は入り組んでいて、

まさに家の前で突き当たるところもあるので油断はできない。







未舗装のところもある。ここは行き止まりに見えるが、左に道が折れている。



戻る