コリポネ沢(宮城県栗原市)







旧栗駒町の荒砥沢ダム湖に注ぐ沢。ダム事務所前を通り過ぎると湖畔を廻る未舗装の林道に入り、

700mほど行くとガードレール橋が架かっており、そこでコリポネ沢の名称を確認できる。

「ポネ」はアイヌ語で「骨」を意味するようだが、由来に関係あるかは分からない。

なお、この沢は自力で見つけたのではなく、山さ行がねが様のレポート(コリポネ橋)によって存在を知った。




  

  


簡素な橋だが、ちゃんと4枚の銘板が取り付けられている。




  


地図にはない沢なので規模は小さい。橋から上流側の川底は人工的な丸みを帯びている。

下流側は葉に隠れてダム湖に注ぐ様子は見えなかった。



戻る