狐棲内沢川(由利本荘市)




  


鳥海町の奥山放牧場から法体の滝へと通じる市道付近を流れる沢。滝側に向かって行き、

布沢を渡る手前で左の林道に入り少し行くと奥山橋があり狐棲内沢川を見ることができる。

市道もこの沢を渡るが暗渠となっており、名前は確認できない。

下流側は人工水路に繋がり、袖川の発電所へと送られているようだ。







子吉川上流に予定されている鳥海ダムについて検索したところ「狐息内沢川(こそくないざわがわ)」という川が

存在することを知り、それと思われる場所を調べた訳だが、現地の銘板では「息」が全く別の「棲」となっていた。

「棲」は「そく」とは読まない。「棲息(せいそく)」という熟語は存在するのだが…。

一文字目は旁が「瓜」よりも「爪」に近いが「狐」と考えるべきだろう。

「こそくない」の由来は不明だが「ない(内)」が付く地名はしばしばアイヌ語由来とされることが多い。



戻る