草生土/くそうど(潟上市)







昭和豊川槻木字草生土。県道229号沿いの槻木郵便局の横に入口がある。

この周辺は豊川油田が栄えたところで、草生土とは石油を意味する“くそうず”という言葉から来ている。

草生津川(くそうづがわ)参照)









1kmほど先の真形を通過すると草生土に着く。この辺の集落は秋田自動車道からも見える。




  


かつてここには東の黒川油田とつながる軌道が存在した。

その跡と思われる畦道が集落の南を通っており、立ち並ぶ木製電柱がいい味を出している。

この道自体はかなり狭く、不安定な橋もあるので車で入るなら注意が必要。







集落の外れに取り残された油井。県内の代表的油田だった豊川油田もすっかり寂れてしまった。



戻る