草生津川/くそうづがわ(秋田市)



秋田市内を流れる川で、秋田北IC付近から発し外旭川、八橋、寺内などを通過して秋田運河に注ぐ。

中流から市街地に入ることもあり水質は悪かったが、近年は改善されてきているらしい。

”くそうず””くそづ”などと読むこともあるが、これは石油のことを表しており(草水、臭水とも書く)、

実際この流域には油田地帯が形成されていた。小草生津(金足黒川)、草生土(くそうど/潟上市豊川)

臭津(くさつ/にかほ市小国)などという地名もあり、これらの地域もやはり油田地帯だった。

新潟県も採油が盛んだったところで、草生津や草水の地名が存在する。



  




一般道の橋としては最も上流側に位置する外旭川の一本木橋。

橋の袂から農道に入ると川に沿って走ることができる。




  


進むごとに幅が狭くなり、もはや普通のドブを変わらないレベルになる。

農業排水を集めて次第に川らしくなるといった感じである。







今度は下流側を目指す。一本木橋のすぐ下流にある五百刈橋。油分が混ざった汚い水が流れ込んでいる。







将軍野の近くまで来ると住宅地に入っていく。写真は鳥谷場橋上流側。







石油を採掘するリグが各地に点在する。かつてこの一帯は大規模な油田地帯だった。




  


八橋のイサノ橋下流側。付近には油田(あぶらでん)という地名も残るが、

これは神社や寺院の灯りに使われる油に関係するという説がある。







最下流に架かる国道7号の勝平橋。左側が下流で、すぐに秋田運河に注いでいる。



戻る