成田梍/なりたさいかち(宮城県栗原市)







築館字成田梍。一迫川と昔川との合流点付近に集落があり、ここは左足(こえだて)から1kmほど東に当たる。

「さいかち」はもともと木の名前で、地名では「梍」の他に「p」「槐」とも書かれる。

秋田県内では能代市槐など、「槐」の字が当てられている地名が多い。









道路沿いの施設の名称に地名が使われている。




戻る