おおひど橋(由利本荘市)




   


鳥海町上笹子の松ノ木峠付近から甑川に沿う道路に入り、皿川の集落を過ぎた先にある。

「おおひど」とは地名で本来は「大凹」と書く。普通は「凹」を「ひど」と読まないが、

「ひど」には窪んだ地形という意味もあるので、ここでは窪みを意味する「凹」の字が当てられたのだろう。

他にも「大ヒド」「大非道(おおひど)」という地名も秋田県内に存在する。







周囲には少数だが人家が建っている。



戻る