大骨沢・ガッケ沢(八峰町)







どちらも真瀬川上流の一ノ又沢の支流。青秋林道手前の真瀬林道の看板にのみ名前が載っているが

沢を示す線も消え、うっすらと線の跡が確認できる。途中で一ノ又沢を渡り、

進路を変えていくのが青秋林道本線、一ノ又沢に沿って延びているのが一ノ又林道。







青秋林道に入って少し行くと休憩所の小屋がある。

以前は入山者のチェックを行っていたことがあったが廃止されたのか、近年は使われている様子はない。







小屋を過ぎるとすぐに左から流れ込む沢がある。滝のように見えるのは堰堤。

おそらくこれが大骨沢。一ノ又林道分岐までの間には他にも沢があるが大きなものはない。







一ノ又林道と分かれ、坂を登ると間もなく沢を渡る。地図にガッケ沢と書かれている沢の下流に当たる。

青秋林道まで達する前に別の沢(おそらく濁川)と合流する。



戻る