大砂崩/おおざくれ(藤里町)



沢の名前。藤琴川の支流だが、なぜか沢や川といった単語が付いていない。読みも変わっている。

大館市田代との境になっている鍵掛峠付近に源流部があり、5kmほど下流の金沢集落付近で藤琴川に合流する。

藤琴川は県道に沿っているが、大砂崩の合流するところは県道からはよく見えず、

林道に入らなければ沢に近づくことができない。






金沢集落から約1km南には森合橋があり、この袂に林道大砂崩線の入口がある。

この林道は2km程度のピストン林道で大砂崩の中間までしか通じていない。







最初は農地の横を通るが、いずれ崖沿いの道になる。崖の下に沢があるが、高低差がありよく見えない。







林道が終わり近くなると崩落が起こっている場所がある。脆い地質で崩れやすいのが地名の由来かも知れない。







崩落地点を過ぎると間もなく道中唯一の橋が現れる。下流側の方がよく見える。







沢はまだまだ続くが、橋の先で林道は終点を迎える。この林道では沢を700mほどしか辿ることはできない。

これより上流に行くには、別の林道を使うことになる。



次のページへ

戻る