番外編

普通の地名でも、看板や標識で別の書き方をされているものを載せます。



  

能代市母体から二ツ井町濁川へと抜ける県道294号の林道区間にある看板。「さんずいに虫」は「濁」の略字。









潟上市和田妹川にある踏切。単なる誤記だろう。







仙北市西木の国道105号に県道321号が接続している地点。「角」の真中の縦棒が出っ張っている。

普通は誤りと教えられるが、苗字ではこの字体を正式表記とするものもあり、中国でも一般的に使われる。





  

にかほ市象潟町の鳥海ブルーラインの途中の展望地にある標識で、片方は「瞰」の字が多少変化している。

鳥瞰(ちょうかん)とは鳥のように高所から見下ろすことを意味する。





ブルーラインの上の方まで行くと、「上鉾立(かみほこたて)」の看板があるが、「鉾」の金偏が変化している。





  

どちらも秋田市河辺岩見を通る県道28号にある看板。片方は「鵜養(うやしない)」と表記すべきところを

省略して「ウ養」と書いてある。岨谷峡(そやきょう)は鵜養集落の手前にある渓谷。



戻る