釿平沢/ちょうなひらさわ(東成瀬村)








  


田子内の不動滝の前から村道を平良(たいら)側に少し進んだところにある沢。釿平はこの付近の地名のようで、

「ちょうなひら」と読むと思われる。上を渡る橋は「六面山橋」と書くが、「ろくしょうさんはし」と読まれている。

なお、「釿(ちょうな)」とは大工道具の一種で「手斧」とも書かれる。




  


橋の上流側は滝になっているが水は涸れていた。下流側はコンクリートの溝で成瀬川に注ぐ。



戻る