ワサビ沢(湯沢市)
地図(山葵沢)







古くから霊場であった川原毛地獄の周辺を流れる沢。地図ではワサビの漢字表記である「山葵」が用いられているが、

現地では一貫して「ワサビ沢」と表記される。県道51号沿いの天矢場から

川原毛地獄の大湯滝へと向かう道が分かれており、その途中に「ワサビ沢林道」の入口がある。

入るとすぐに沢を渡るが、これは川原毛地獄の下から流れている湯尻沢で、下流側でワサビ沢と合流する。

大仙市の協和ダム付近にもワサビ沢が存在する。







2kmに満たない林道は全線未舗装だが特に荒れている場所もない。




  

  


林道を進んでいくとワサビ沢を渡るワサビ沢橋が現れる。




  


その後、また沢を渡る場所があり、そのすぐ先で終点を迎えるが、沢はまだ奥まで続いている。

一応、歩道はあるものの草が伸びている。



戻る