国道108号 松ノ木道路
(由利本荘市〜湯沢市)


松ノ木峠は由利本荘市鳥海町と湯沢市雄勝との境界になっている峠で、大仙山と姥井戸山の中間に位置する。

現在の峠を越える松ノ木道路は平成8年に開通し、それ以前の険しい旧道は閉鎖され廃道となった。

松ノ木道路には3本のトンネルがあり、その中でもメインとなる松ノ木トンネル(1744m)は

県内の県境以外の国道トンネルとしては最長である。



鳥海側から順

赤倉トンネル(由利本荘市)

西久米トンネル(由利本荘市)

松ノ木トンネル(由利本荘市〜湯沢市)



戻る