国道46号 仙岩道路
(仙北市〜岩手県雫石町)


昭和51年に完成した、秋田・岩手県境の仙岩峠を越える道路で、幾つものトンネルや橋梁が存在する。

特に秋田県側はトンネルと橋梁が交互に道路を形成しており、地形の険峻さが窺える。閉鎖されている旧道は

トンネルを有さない険しい道路で、現役時も冬季閉鎖の処置がとられていた。なお「仙岩峠」という名称は

秋田県仙北郡と岩手県岩手郡の境に位置することに由来するもので、明治時代に大久保利通によって名づけられた。




秋田県側から順

湖山トンネル(仙北市)

須神トンネル(仙北市)

桂巣トンネル(仙北市)

堀木トンネル(仙北市)

板谷トンネル(仙北市)

生保内トンネル(仙北市)

大平トンネル(仙北市)

仙岩トンネル(仙北市〜雫石町)



戻る