小様隧道(北秋田市)



阿仁小渕(こぶち)と阿仁小様(こざま)との境に位置する隧道で、 新トンネルの開通によって廃止された。

隧道の状態はさほど悪くはないが、旧道自体は荒廃が進んでおり、危険箇所もある。






2005年4月末。小様側の旧道。落石や倒木が見られる。

また、隧道に電力を供給していたと思われる電柱が倒れ、道を塞いでいる。







小様側坑口。蔓が大量に垂れ下がっており、夏になると隧道は葉っぱによって覆い隠されてしまう。







取りつけられている銘板は、なぜか非常に小さい。




  


内部の様子。特に目立った損傷は見られない。







小渕側坑口。小様側と同じく、小さな銘板が取りつけられている。

その上部にはもっと大きな銘板が付けられていたと思われる跡がある。







小渕側の旧道。小様側ほど荒れておらず、距離も短いので隧道に近づくならこちら側から行った方が良い。

坂を下っていけば、現トンネルのすぐ横に出ることができる。







小様側現道下の田んぼから隧道を確認できる。



次のページへ

戻る