根子トンネル(北秋田市)
延長575.8m  竣工1975年




  


根子番楽やマタギで知られる根子(ねっこ)と国道105号が通る笑内(おかしない)とを結ぶ。

500mを越えるが、車がすれ違えないほど狭く2箇所に待避スペースが設けられており

トンネル入り口にはそれを示す標識が設置されている。






待避スペースの様子。トンネル内部は直線。






根子側。トンネル前は直角カーブで、かなり広く作られている。








銘板。当時の県知事であった小畑勇二郎氏(故人)によるものとある。

ほとんど根子集落に行くためにあるようなトンネルだが、このようなものを見ると

トンネルの開通がいかに大きな意味を持っていたということが伺える。



戻る