二井山隧道(横手市)



二井山隧道は昭和初期に竣工した旧横荘線の隧道の一つで、廃線後は県道48号に指定された。

他にも横荘線が元となっている隧道が4本存在し、それらは現在も車道として現役であるが、

最も南側の二井山隧道だけは放棄され荒廃を極めている。2000年代前半に北側坑口が崩壊し通り抜けることも不可能。






雄物川町から出羽グリーンロードを南に向かって走ると、このような場所が現れる。

廃線跡は、この突き当たりである。この訪問は2005年5月上旬。







現道から100mほど入った辺りに隧道がある。中間の広場までは大きな障害はないが、

その先は木が多くなり、ぬかるんでいる。







隧道手前の通行止めを示すガードレールはひしゃげている。







坑口の様子。重々しい雰囲気が漂う。この場所は現道からも近く、車が通ればその音が聞こえてくる。







内壁は白く変色しており、下の水溜りも白く濁っている。また崩落も多く見られる。

反対側は崩壊のため通り抜けできないと分かってはいたが、この時点では確認していない。






グリーンロード側の坑口を訪問してから10年目の2015年10月末、ようやく反対側の坑口を撮影した。





二井山の集落を通り、竹ノ子沢から県道に入ることができる。

隧道の手前100m程で舗装は途切れ、グリーンロードへ抜ける農道が分岐する。







坑口は天井が崩落し土砂に埋まっていた。また坑口の前は沼と化してただでは近寄れそうにない。

という訳で離れた場所から撮影しただけでこの場所を後にした。




戻る