大谷地トンネル(由利本荘市)


南由利原の大谷地池を廻る自転車道にあるトンネル。池の北岸に位置し、近くで県道32号と287号が分岐している。

真上に道路(廃道)があり、短いので跨道橋のように感じるが、ちゃんとトンネル名が記されている。






キリンが描かれた西側坑口。左の石垣の上には県道32号が通っている。







意外にも銘板が付いている。正しい延長や竣工年は不明。







延長は10mほど。内壁は金属製。







上の写真で「階段あり」と標示されている通り、抜けた先はすぐ階段になっている。

横を向いているが、「その他の危険」の標識が立っている。







東側坑口。こちらはカエルが描かれている。



戻る