小股・ささのほら・ゆりあげトンネル(岩手県住田町)
小股(191m 2002年) ささのほら(214m 1996年) ゆりあげ(465m 1996年)


大股川沿いを通る国道397号のトンネル。下大股から国道107号までの2km程の間に3本続けて存在する。






国道107号側から見て最初の小股トンネル。







2番目のささのほらトンネル。名称は大股川の洞穴化した地形に

笹が覆い被さっていることに由来するという。漢字にすれば「笹の洞」となる。







三番目のゆりあげトンネル。名の由来は不明。



戻る