仙岩トンネル(仙北市〜岩手県雫石町)
延長2,544m


秋田県と岩手県との県境にある仙岩峠を貫く国道46号仙岩道路(昭和51年完成)のトンネル。

この他にも7本のトンネルが存在するが、 それらは全て秋田県側にある。JR田沢湖線にも仙岩トンネルがあるが、

こちらは仙岩峠というよりも、2kmほど南の地森(991m)を貫いている。






岩手県側の入口。建物のような部分は換気設備のようで、この時代の長大トンネルに見られる。

2012年に天井板の崩落が起こった中央自動車道笹子トンネルと同様の構造であったため、翌年に天井板は全て撤去された。







秋田県側の入口。2005年に入口から400mほど入ったところで路面の隆起が確認され、工事が行われると報道された。

走っていると、確かにそれと分かる場所があり、看板などで注意を呼びかけていた。







8月下旬までは夜間片側通行だったが、8月が過ぎると終日片側通行に切り替わった。



次のページへ

戻る