柴倉隧道(由利本荘市)







県道48号上に存在する、昭和初期に竣工した旧横荘線の隧道。正しくは「第一柴倉隧道」と言うようだが、「第二隧道」は存在しない。

また「笹倉トンネル」との呼び名も見られる。旧横荘線が元となっている隧道は全部で5本あるが、

柴倉隧道は最も西側で 最東の二井山隧道のみ通行することができない。




  


隧道内には外へ通じる横穴が存在する。外に出ると川が流れている。




  


積雪時の隧道。左は西側、右は東側。写真では暗いが、実際は照明が点灯している。

この道路の除雪は案外しっかりしていたが、奥にある祝沢集落で除雪は終わっており、

その先の浮蓋まで行くことはできない。おそらく冬季は、集落に関わる人以外の通行は殆どないだろう。



戻る