主寝坂隧道(山形県真室川町〜金山町)
延長808m






真室川町と金山町の境に位置する主寝坂(しゅねざか)峠を貫く、国道13号のトンネル。

「主寝坂トンネル」と書かれた看板が取りつけられているが、銘板には「主寝坂隧道」とある。

トンネルは古くて狭い上に、交通量も多かったので、この峠には新たに3km近い新主寝坂トンネルが建設された。







2005年11月に主寝坂道路が開通した後に、再び訪れてみた。以前は頻繁に往来のあった峠は、

すっかり静かになってしまった。実際、この旧道にいた15分間、他には誰一人通らなかった。

真ん中で堂々と撮影できるが、寂しくも思える。写真は真室川側。







内部は狭いためか、照明が天井付近に取り付けられている。







金山側。坑口上部の雪を削った跡があり、落ちた雪が道路を狭めている。

新道開通前には見られなかった光景だろう。旧道の交通量は少ないが、ここを除けば除雪の状況はよい。



戻る