山瀬ダム管理用トンネル(大館市)
延長408.4m  竣工1990年








田代地区にある山瀬ダムの湖岸に口を開けるトンネルで、ダム湖東の山を貫く。

取水設備に行くためのもので、一般人の通行は禁止されている。このトンネルは普通の地図には載っておらず、

現地に行って、初めて存在を知ることとなった。







ダム公園にある地図には載っている。取水設備に通じる道はトンネル以外にないようだ。

反対側の入口は山の裏側の林道から行くことができる。







平戸内沢沿いの林道からダム管理道路に入ると間もなく道が右に分かれる。その先にトンネルがある。







鉄製のゲートで封鎖されている。幅は車一台分しかない。







横の壁に取り付けられた銘板。正式には「取水設備管理用トンネル」という。







反対側の出口は全く見えない。壁には蛍光灯らしきものが付いている。



戻る